新車と中古車はどちらがお得?メリットとデメリットをご紹介


車は、家、保険に続く、とても高い買い物です。
車を購入する時、「新車にするか、中古車にするか」で迷う人は、意外と多いかと思います。
もちろん、それぞれにメリットとデメリットがあるのですが、新車と中古車、どちらを購入するのがお得なのでしょうか?

新車を購入するメリットは、“自分好みにできる”こと!

新車を購入する最大のメリットは、希望の車に乗れることです。
車には様々なオプションやグレードがあり、どれをチョイスするかで、同じ車種でも全く違うものになります。
同じ車種でも、カラーが異なるだけで雰囲気が全然違いますよね。
また、新車で購入した場合、ディーラーから定期メンテナンスサービスや、車検費用の割引などの特典を受けられる場合があります。
車検時の費用が抑えられますし、定期的なメンテナンスをしてもらえることで、故障などを防ぐことができ、修繕費をカットできるメリットもあります。

デメリットは、購入費用が高いこと

新車を購入するうえで最大のデメリットは、車の購入費用が高いことです。
車種やグレード、追加するオプションにもよりますが、新車の場合は200~300万超えは当たり前です。
ヴェルファイヤやアルファードといった高級ミニバンの場合は、400万円以上します。
車を一括現金で購入できる人は少なく、ほとんどの場合、キャッシュではなくローンを組んで車を購入しています。
ローンで購入する場合は、車の代金に金利が上乗せされるため、トータルの支払い額が増えるというデメリットもあるのです。

中古車を購入するメリットは“価格が安い”こと!

中古車を購入する一番のメリットは、購入価格が安いことです。
車の状態や年式、人気などにも左右されますが、中古車の場合は、新車価格の半分以下で購入できることが多いです。
また、前の持ち主がオプションをたくさんつけている場合や、グレードの高い車にしているケースも少なくないので、低価格で充実した内容の車を手に入れることができる利点もあります。

車検費用や修繕費がかかる場合も

前の持ち主がどんな乗り方をしていたのかが不透明なので、購入してすぐに修繕が必要になるケースもまれではありません。
新車とは違い、購入時に車検が必ずついているとは限りませんし、中古車にはトラブルがつきもの。維持するためのメンテナンス費用がかさむ場合もあります。
また、任意保険で“新車特約”をつけられないため、割引が効かないデメリットもあります。

乗り潰すなら中古車がお得!

大きな故障がなく、乗り潰すのなら、中古車の方が断然お得です。
車検費用はかかるものの、車本体の価格が圧倒的に安いので、トータルで考えると経済的な負担は少なくなります。
ただし、中古車のトラブルは購入後、いつ起こるか予測がつきません。
あくまでも大きな故障がない場合のみに言えることなので、あまりにも修繕費がかかる場合は、新車購入とさほど変わらないケースもあります。
そのようなことを防ぐためにも、購入前には事故歴や修復歴などをしっかり確認しておきましょう。
また、購入後、途中で乗り換える可能性がある方は、新車の購入をおすすめします。
新車であれば、中古車よりも当然買取額は高くつきます。
ですが、基本的に乗り換えで得をすることはあまりありません。
特に、新車は高い価格で購入しても、下取り額は断然低くなってしまいます…。
購入後すぐにモデルチェンジがあれば、さらに買取額は下がります。
余計な出費を避けるのなら、車はできるだけ“乗り潰す”ことが、損をしない車の乗り方だと言えます

関連記事

  1. 車を安く購入するコツとは?~新車編~

  2. 中古部品(リペア品)を使用してはいけない箇所とは

  3. 車のバッテリーが上がってしまった時の初心者でもできる対処法

  4. ペーパードライバー必見!車の運転が上手になるコツ

  5. ホンダ「N-VAN」が第28回RJCカーオブザイヤー特別賞を受賞

  6. 人気上昇中!ご当地ナンバープレートってなに?

PAGE TOP