車を安く購入するコツとは?~中古車編~


新車よりも安い値段で購入できる中古車ですが、安いとはいえ、高い買い物であることには変わりません。
中古車であっても、「できるだけ安く手に入れるにはどうすればいいか」考える方が多いですよね。
そこで!ここでは、中古車を安く購入するコツについてまとめています。
購入予定のある方は、ぜひ一度目を通してみてくださいね!

車が売れる時期は避ける!

車にも、よく売れる時期があります。
それは、2月、3月です。
新生活、新年度が始まる前のこの時期、通勤に使用する車を購入する人が多く、車の需要が高まります。そのため、中古車の値段も高くなり、お得に購入することが難しいです。
逆に、中古車の値段が安くなる時期はいつなのか…、それは、ズバリ6月と12月です!
6月は、GWで出費をした後、そしてボーナスの前の月であるため、大きな買い物をする人が少ない傾向があります。
12月は、ボーナスはあるものの、クリスマスや年末年始など、イベントが盛りだくさんで出費もかさむため、中古車の値段が安くなる傾向があります。

人気色である、白と黒は諦める!

人気色は、白と黒です!日本では特に、モノトーンカラーの需要が高く、中古車も高値で取引されています。ただボディーカラーが違うというだけなのですが、車種によっては数十万円の差が付く場合もあるんです!
できるだけ安い中古車を購入するのであれば、白や黒は避けましょう。

走行距離が多い、低年式の車がねらい目!

中古車の場合、走行距離が多い、そして低年式の車は、値段も安くなります。
5万キロがボーダーラインとなる場合が多いため、5万キロ以上走行している車は、値段がガクンと下がりやすいです。
走行距離が多いと聞くと、どうしても状態が悪いイメージがありますが、決してそうとは限りません。しっかりメンテナンスされている車であれば、たとえ10万キロを超えていたとしても、まだまだ元気に走れます。
逆に、走行距離が少ない車だったとしても、乗り方が荒かったり、きちんとメンテナンスされていない放置車の場合、寿命が短い場合もあるのです!
年式についても同じことが言えます。低年式=悪いということではありません。
どれくらい大切に乗っていたのか、が重要なのです。

中古車を安く購入する場合は、ある程度妥協しなければならない場合が多いです。
色にしても、年式にしても、人気の色や年式が新しい車は、中古車としても価値、そして人気も高いため、どうしても価格が高くなってしまいます。
自分の中で妥協点を見つけられれば、安く購入できる中古車はいくらでもあります!
ぜひ、自分に合った中古車を探してみてくださいね。

関連記事

  1. 上手な車の買い替え方!時期やタイミングもご紹介

  2. 子育て世代にピッタリ!おすすめ中古ファミリーカー

  3. 知らなきゃ損!中古車を購入するときに気をつけたいポイント

  4. R32GT-RとVW TypeⅡ、海外オークションでの高値落札が続く

  5. 初心者でもわかる、車メンテナンスの基本

  6. プリウスがもうすぐ初車検!売った方がお得?買取相場は?高く査定される方…

PAGE TOP