知らなきゃ損!中古車を購入するときに気をつけたいポイント

知らなきゃ損!中古車を購入するときに気をつけたいポイント

新車よりもはるかに安く購入できる中古車は、経済的面でかなり魅力的ですよね!
新車なら数百万円はくだらない車両でも、中古車であれば半額以下で手に入るものだってあります。
ですが、中古車を購入する際には、新車購入時にはないいくつかの注意点があります。
知らずに購入すると、後から損してしまう場合もありますので注意しましょう!

あまりにも値段が安すぎる車には警戒を!

よく「安かろう悪かろう」と言いますが、これは中古車でもありえることです。
価格の安い中古車は、費用面でも魅力的に思えますが、安い価格の裏にはそれなりの理由がある場合がほとんどです。
どんな理由で安くなっているのかというと…
水没車や事故車、故障歴のある車など、なにかしらのリスクを背負っている可能性があります。
もちろん、激安車のすべてが、このような“曰く付き”の車とは限りません。
ですが、このご時世ですから、あまりにも安い車には何かしらの理由があると考えた方がいいです。

メンテナンスが行き届いているか

中古車の欠点は、前の所有者がどんな乗り方をしていたのかが分からないことです。
見た目はキレイだとしても、乱暴な乗り方をしていたり、長い間放置されていた場合もあります。
その場合、ボディに傷がなかったとしても、部品は傷んでいることが多く、車の内部が劣化していることが多いです。
購入後にこの事実を知ってからでは、時すでに遅し…。
修繕費がかかったとしても、自己負担するしかありません。
購入前に確認できていれば、値引交渉に応じてもらえることもありますし、購入自体取りやめることも可能です。
前の所有者がどのように車を扱っていたのか、そして保管したのかを確認すること、そして、きちんとメンテナンスされていたのかを事前にチェックすることを忘れずに行いましょう

事故歴、修復歴はあるか

事故歴や修復歴のある車を見分けるのは、かなり難しいと言えます。
なぜなら、一度修理、修繕を行っている車は、売却をするために新車の状態へ近づけています!キレイな見た目であるため、よほど車に詳しくない限り、判別することができません。
そのため、「いいな!」と思った車があれば、まずは事故歴、修復歴について聞いてみましょう。
中古車には修復歴の記載があるため、修理を行っているかどうかの事実は知ることができます。
ですが、どの程度の修理を行ったのか、までは教えてもらえないケースが多いのが現状です…。
リスクを避けるためには、修復歴のない車を購入することが重要です。
購入したいと思った車に修復歴があった場合は、購入を諦めて違う車を探した方がリスクは少ないと言えます。

ただ逆に、車に詳しくメンテナンスや修理に自信のあるかたは、逆に事故車などの安い車を狙うこともありです。
事故車は、通常の価格の半分以下で買えることもあり、修理もしっかり対応されていれば全然問題ありません。
こんな購入の仕方もあるので、自分の車に対する知識で判断して購入してくださいね

関連記事

  1. 初心者でもわかる、車メンテナンスの基本

  2. 上手な車の買い替え方!時期やタイミングもご紹介

  3. 子育て世代にピッタリ!おすすめ中古ファミリーカー

  4. 車を安く購入するコツとは?~中古車編~

  5. プリウスがもうすぐ初車検!売った方がお得?買取相場は?高く査定される方…

  6. R32GT-RとVW TypeⅡ、海外オークションでの高値落札が続く

PAGE TOP