ペーパードライバー必見!車の運転が上手になるコツ

車は、私たちが生活していく中で欠かせない存在ですよね。
車があれば、行動範囲がぐっと広がりますし、荷物を乗せることができるので、買い物へ行く回数も多くなるかと思います。
しかし、車の運転は誰しも得意とは限りません。
この記事を読んでいるあなたは、きっと車の運転が苦手で悩んでいる人がいることでしょう。
ここでは、車の運転が上手になるコツについてまとめています。
ペーパードライバーの方は必見の内容です!
ぜひ、参考にしてみてください。

運転の目安はセンターライン!

車線のど真ん中を走行していれば、接触などの交通事故は防げるものです。
目線はしっかりとセンターラインへおきましょう!
センターラインを意識していれば、おのずと車線の真ん中を走ることができますよ。

アクセルは踏みすぎない!

運転が苦手な人でありがちなのが、アクセルの踏みすぎです!
アクセルを常に踏んでいる状態だと、ブレーキを踏む回数も増えてしまいます。
下り坂など、アクセルを踏まなくても十分加速している時はアクセルから少し足を離すなど、必要なときだけアクセルを踏むようにしましょう。

ブレーキも踏みすぎNG!

自分の運転に自信がない人ほど、ブレーキを踏む回数が多いです。
衝突事故や加速を防ぐために、ブレーキを踏みたくなる気持ちはとてもよくわかります…。
が、ブレーキを必要以上に踏むのは、後方車両から初心者だと思われますし、周りは走行しづらいです。
もちろん、左折や右折など、必要な時はブレーキを踏んでかまいません!
下り坂などは、極力エンジンブレーキを使って減速しましょう。

ウインカーは早めに!

車線変更をしたいのに、なかなか入れない…そんな経験ありませんか?
ウインカーを出すのが遅れてしまうと、入るタイミングを失ってしまいがちです。
早めにウインカーを出しておけば、事故も防げますし、車線変更もしやすいですよ

ハンドルは最小限しか回さない!

車の運転が苦手な人ほど、ハンドルを無駄に回しています。
ハンドルを回しすぎると、タイヤの向きがわからなくなり、進みたい方向に進まなくなってしまうんです。
ハンドルはゆっくりと、最低限必要な分だけ回せば、右折、左折も怖くありませんよ!

座席は気持ちは後ろくらいがベスト!

座席位置を上げて、ギリギリまで前に詰めた方が視界は見えやすいイメージを持っている方もいるかと思いますが、それはNGです!
シートポジションは、気持ち余裕があるくらい、後ろに下げた方が、ハンドル操作が楽にできるので運転しやすくなります。

関連記事

  1. マツダCX-5商品改良で2.5L直噴ガソリンターボエンジンを国内初導入…

  2. 新車と中古車はどちらがお得?メリットとデメリットをご紹介

  3. ファンベルトが切れたとき、応急処置は可能でしょうか?

  4. R32GT-RとVW TypeⅡ、海外オークションでの高値落札が続く

  5. 「フォレスター」に続いて「XV」にもe-BOXER搭載

  6. 車を安く購入するコツとは?~新車編~

PAGE TOP