査定注意点

車を買取してもらう前に!車の買取に必要な書類とは?

車を買取するときには必要な書類がいくつかあります。

事前に準備しておくことで慌てずに済みます.

ほとんどは車の車検証と一緒になっていると思いますが、一応確認しておきましょう。

軽自動車と普通車では必要な書類も違ってきますので、その辺もご紹介していこうと思います。

車買取で必要な書類~軽自動車編~

軽自動車を買取してもらうときは普通車を買取してもらうときよりも簡単に買取してもらうことができます。

①自動車検査証(車検証)
②自賠責保険証明書
③自動車リサイクル券
④自動車納税証明書
⑤認印

自動車検査証は車に常に携帯していると思いますので大丈夫ですね。一応確認しておきましょう。車検証は車に携帯することが義務ずけられています。もし、紛失していた場合は再発行してもらえますので、慌てずに陸運局問い合わせしてみましょう。

自賠責保険証は車を購入したときに必ず加入する保険で、保険証と一緒に保管されていると思います。

自動車リサイクル券は車を購入したときに一番最初に払うリサイクル料の証明書のことです。
これは
車屋さんが車検証と一緒にセットで入れてくれていると思うので、車検証の入っているブックをチェックしてみてください。
紛失してしまった場合でも自動車検査証同様、陸運局で再発行してもらえます。

自動車納税証明書は毎年5月に送付される納税通知書に添付されている証明書のことです。自宅に送られてきたら車検証と一緒に保管しておきましょう。
これはきちんと税金を納めないと発行してもらえませんし、紛失した場合は再発行してもらうことができないのできちんと保管しておく必要があります。

認印は契約書に押す場合に必要になってきます。実印でなくても結構です。

軽自動車を買取してもらうときは以上の書類と印鑑が必要になりますが、たぶん皆さん車検証とセットで保管されていると思うので、買取業者に依頼してもすぐに査定してもらったり、買取していただけると思います。

車買取で必要な書類~普通車編~

車買取では軽自動車と普通車では用意する書類が違ってきます。
1~4までの書類は普通車の買取の時と同じです。
更に必要なものが以下の2つです。

①実印
②印鑑証明書

普通車の場合は車庫証明といって普通車を管理する場所の提示を国に行なわなくてはなりません。
そのときに印鑑証明書が必要なのですが、その提示を解除するときにも印鑑証明書が必要になってきます。
印鑑証明書は車屋さんで役所に行って用意してくれるところもあります。

この2つは、買取が決定してからでも遅くはないので、軽自動車の買取の部分で紹介した1~4の書類さえ揃っていれば問題ないでしょう。

軽自動車と普通車では用意するものが若干違いうことが分かったと思います。
もし心配な方は、前もって必要書類があるか確認しておきましょう。

関連記事

  1. 愛車を査定に出すときの注意点

  2. 一括査定サイトのメリットとデメリット

  3. 中古車買取でありがちなトラブル&対処法~契約前編~

  4. 中古車買取でありがちなトラブル&対処法~契約後編~

  5. 車の高額査定を引きだすためのコツとは?

  6. 優良な買取業者を見分けるポイント

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP