中古車買取でありがちなトラブル&対処法~契約前編~


中古車買取のトラブルは、契約後に起こることが多いイメージを持っている人が多いのではないでしょうか?
実は、契約後ではなく、契約前に起こるトラブルも意外とたくさんあるんです。
「契約前なら、大したトラブルじゃない」と思われがちですが、それが大きな落とし穴!
契約をしていないから安心とは言い切れません。
ここでは、中古車買取でありがちな、契約前のトラブルとその対処法についてまとめています。

査定後、即日契約を迫られた!

売却前のトラブルで最も多いのが、「契約を迫られる」ことです。
そもそも中古車買取は、ディーラーと比べて、“営業がしつこい”傾向があります。
中古車買取を行っている業者は日本国内にはたくさんありますから、それだけ競争も激化し、営業も強めになってしまうことが多いのです。
買取業者の中には、「今日契約をしなければ、買取額が大幅に下がる」「今契約しないと、この価格にはならない」「どの業者に頼んでもこのくらいが相場!」など、巧みな言葉を使い、契約を急かせ、納得しないまま契約させられるケースも少なくないんです。

相場はそう簡単に下がるものではない

中古車は新車と違って、1台1台状態が異なるものですから、ハッキリした相場は査定して初めて分かるものです。
もちろん、査定額を決めるためには“査定基準”があるので、だいたいの査定額はあるものの、最終的な価値は車を見てから判断するものですから、1日2日売却が遅れたって査定額が下がることはまずありません。
「今契約しないと価格が下がる」という言葉は、他の業者にとられないよう、契約へ結びつけるための営業手口です。
そもそも、強制的に契約をさせるような業者は、優良とは言えません。
契約を急かされるようなことがあったら、「家族とも相談します」「他の業者にも査定をお願いしているので」など、キッパリ断りましょう。

査定後、費用を請求された!

ほとんどの中古車買取業者は、“出張査定料は無料“となっています。
が、中古車買取業者=出張料サービス、ということではありません。
まれに、出張料がかかる業者も存在します。
そのことを知らずに出張査定依頼をして、契約をお断りすると、「契約してもらえないのなら、出張査定費が発生します」と言われる場合もあるのです。

あらかじめ、追加費用がかからない業者を選ぶ

出張査定費を請求されないためには、あらかじめ追加費用がかからないかどうか確認しておくことが重要です。
中古車買取業者のHPや広告を見て、出張査定料の詳細をチェックしましょう。
心配な方は、直接電話をして確認すると安心ですね。
もし、“出張査定料無料”と書いていたのにもかかわらず、費用を請求された場合は業者側の不当行為となります!!

万が一、不当な請求や要求などがあった場合は、消費者センターに相談することをおすすめします。

関連記事

  1. 車の高額査定を引きだすためのコツとは?

  2. 一括査定サイトのメリットとデメリット

  3. 愛車を査定に出すときの注意点

  4. 優良な買取業者を見分けるポイント

  5. 中古車買取でありがちなトラブル&対処法~契約後編~

  6. 悪質な中古車買取業者に出会わないための3箇条

PAGE TOP