マツダCX-5商品改良で2.5L直噴ガソリンターボエンジンを国内初導入


マツダは、クロスオーバーSUV「マツダCX-5」の商品改良モデルを11日より予約受注を開始し、特別仕様車「エクスクルーシブ・モード」とともに11月22日より発売しました。今回の改良ポイントは、2.5L
直噴ガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」搭載車と、クリーンディーゼルエンジン搭載車の6MT新設定、そして「G-ベクタリング・コントロール」の進化となります。

2.5リッター直列4気筒直噴ガソリンターボエンジン

今回の商品改良では、北米向けの「CX-9」などに搭載されている高出力のパワーユニット、2.5L直列4気筒直噴ガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」が、マツダの国内向け車種として初めて設定しています。

2.5L直噴ガソリンターボエンジン車
SKYACTIV-G 2.5T
・最高出力:169kW〈230PS〉/4,250rpm、 
・最大トルク:420N・m(42.8kgf・m〉/2,000 rpm
・WLTCモード:12.6㎞/L
・車両価格:3,326,400~3,877,200円

2.5Lガソリンエンジン車
SKYACTIV-G 2.5
・最高出力:140kW〈190PS〉/4,500rpm、 
・最大トルク:450N・m(45.9kgf・m〉/2,000 rpm
・WLTCモード:13.0~13.8㎞/L
・車両価格:2,797,200~3,245,400円

2.2Lクリーンディーゼルエンジン車
SKYACTIV-D2.2
・最高出力:140kW〈190PS〉/6,000rpm、 
・最大トルク:252N・m(25.7kgf・m〉/4,000 rpm
・WLTCモード:17.4~19.4㎞/L
・車両価格:2,883,600~3,882,600円

このように、今回新しく加わった2.5L直噴ガソリンターボエンジン車のトルクは、2.5Lガソリン車を大幅に上回るのはもちろんのこと、高トルクが自慢のクリーンディーゼル車にも迫っています。このことから、クリーンディーゼル車の購入を検討していたユーザーは、2.5L直噴ガソリンターボエンジン車に鞍替えするケースが起こりそうです。

ただし、車両価格でいえばこの二つはほぼ同じ価格帯にあり、燃費性能の差ということをどのように考えるかが問題となるでしょう。

G-ベクタリング・コントロールは「G-ベクタリング・コントロール・プラス」へと進化

また、安定感ある走りを実現する「G-ベクタリング・コントロール(GVC)」は「G-ベクタリング・コントロール ・プラス(GVC プラス)」へと進化。試乗しても体感しずらいシステムですが、マツダは全車にこの技術を導入することに積極的です。つまりは、高速走行での車線変更時や滑りやすい路面での車両の挙動を安定させ安心感を高めるには、これが大事なシステムであるということで、今回さらに機能が向上したのは間違いないようです。

クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」搭載車には、新たに6速マニュアルトランスミッションを追加設定しました。実際にこのマニュアル車を選択する人がどのくらいいるのかわかりませんが、確かにクルマの運転を楽しむには最適ですが、なぜCX-5?という疑問もあります。

■特別仕様車「エクスクルーシブ・モード」新設定

今回、クリーンディーゼル車と2.5Lターボ車の最上級モデルとして設定される特別仕様車「エクスクルーシブ・モード」は、高品質のナッパレザーや本杢パネルといった素材を採用し精緻な造り込みを行うことで、モダンさと温かみを兼ね備えた、洗練された空間を創出しています。約365万円という高額グレードですが、新型になった直後は最上級車から売れるのが常なので、今回もこの「エクスクルーシブ・モード」が一番の売れ筋になるでしょう。

関連記事

  1. 車を安く購入するコツとは?~新車編~

  2. ホンダ「N-VAN」が第28回RJCカーオブザイヤー特別賞を受賞

  3. R32GT-RとVW TypeⅡ、海外オークションでの高値落札が続く

  4. 車のバッテリーが上がってしまった時の初心者でもできる対処法

  5. 中古部品(リペア品)を使用してはいけない箇所とは

  6. ペーパードライバー必見!車の運転が上手になるコツ

PAGE TOP