ホンダ「N-VAN」が第28回RJCカーオブザイヤー特別賞を受賞


ホンダは14日、軽バン「N-VAN」が、第28回(2019年次)RJCカーオブザイヤー(主催:特定非営利活動法人 自動車研究者ジャーナリスト会議)特別賞を受賞したことを発表しました。今回の受賞は、第27回(2018年次)に、RJCテクノロジーオブザイヤーを獲得した「N-BOX」に続くもので、N-VANの受賞により、Nシリーズとしては2年連続の受賞となっています。

受賞理由は?

2018年7月13日に発売したN-VANは、従来の軽バンが採用するエンジンをシート下に配置し、後輪を駆動するキャブオーバータイプではなく、乗用車の「N-BOX」と同様に車体前方に置くFF駆動とすることで、仕事での使いやすさや優れた走行性能、安全性能を追求し、軽バンの新基準を目指して開発されています。さらに、軽バン初のセンターピラーレス仕様により、助手席側に大きな開口部を設定したことも受賞理由の要因となりました。

N-VANのおさらい

N-VANは、「N-BOX」のプラットフォームを最大限に活用しながら、軽バンに求められる広い積載スペースと積載作業の効率性を追求。燃料タンクを前席の下に収めるセンタータンクレイアウトの採用により荷室を低床化し、高さのある荷物の積載にも対応できる空間となっています。また、リアシートに加え、助手席にもダイブダウン機構を採用することで、助手席からリアシート、テールゲートまでフラットな空間を実現しています。

さらに、質感の高いインテリアや便利な装備、充実したカラーラインアップで個性を際立たせた「+STYLE」をタイプ設定。商用としてだけではなく、幅広い用途で使えるようになっています。

ついに下剋上”!キャブオーバーバンを追い越した!

これらの独創的なアイデアが満載のN-VANは、発売後3カ月目の10月度の販売において、軽バンの2大ブランドの一角であるダイハツのハイゼットカーゴを上回る5,523台を売り上げています。さらに、もう一角のスズキエブリィにも迫る勢いです。

このハイゼットカーゴ、スズキエブリィともに販売成績はN-VANに影響されず順調なことから、N-VANは従来からの商用バンユーザーを取り込んだわけではなく、まったく新しいユーザー層を開拓したと見ていいでしょう。これはホンダが想定した結果なのか、もっとライバルのキャブオーバーバンの牙城を切り崩すことが、うまくいかなかったのかは定かではありません。

□2018年10月度販売台数(軽自協)

ススキエブリィ:6,013台(前月比92.5%/前年比95.1%)
ホンダN-VAN:5,523台(前月比137.1%)
ダイハツハイゼットカーゴ:5,405台(前月比121.2%/前年比130.3%)

■ホンダのコメント
(株)本田技術研究所 N-VAN 開発責任者の古舘 茂氏は次のようなコメントを寄せています。

「私たちは、日本の働くクルマとして生活に密着した軽商用バンの世界を、より良いものに変えていきたいという想いでN-VANを開発してまいりました。働く現場で生の声を聞き、時には悩み、議論を繰り返しながら創り上げたこのクルマが、世の中の人たちに受け入れられ、さらにRJC特別賞を受賞できたことを大変うれしく思います。働く人や、趣味で使う人、N-VANにかかわるすべての人の生活が便利に楽しくなっていくことを願っています。ありがとうございました」

関連記事

  1. ペーパードライバー必見!車の運転が上手になるコツ

  2. 人気上昇中!ご当地ナンバープレートってなに?

  3. R32GT-RとVW TypeⅡ、海外オークションでの高値落札が続く

  4. 中古部品(リペア品)を使用してはいけない箇所とは

  5. ファンベルトが切れたとき、応急処置は可能でしょうか?

  6. 車のバッテリーが上がってしまった時の初心者でもできる対処法

PAGE TOP