中古車下取り

プリウスがもうすぐ初車検!売った方がお得?買取相場は?高く査定される方法は?

プリウスは2017年一番売れた自動車で、トヨタのドル箱となっている自動車です。
そのため、数年前にプリウスを購入した人の中で、もうすぐ車検だと思っている人も多いかもしれません。
自動車は、一般的に新車で購入してから6、7年もすれば買取価格は限りなくセロなりますので、2~3年経ったプリウスの買取価格も気になるところなので紹介します。

2015年式のプリウスの買取相場について

下記の記述から、2015年式の主なプリウスの買取相場はグレードにもよりますが、180~197万円となっています。
新車価格からだいたい60~92万円の値落ちを覚悟したほうが良いかもしれませんね。

・Sツーリングセレクション(ZVW50、CVT、2WD、新車価格243.3万円)買取相場:183万円
・A(ZVW51、CVT、2WD、新車価格:257.1万円)買取相場:180万円
・Aツーリングセレクション(ZVW55、CVT、4WD、新車価格:289.0万円)買取相場:197万円

2016年式のプリウスの買取相場について

2015年に比べて、ほぼ同じ買取価格になっていますが、Sツーリングセレクションだけが
3万円高い買取価格になっています。

・Sツーリングセレクション(ZVW50、CVT、2WD、新車価格243.3万円)買取相場:186万円
・A(ZVW51、CVT、2WD、新車価格:257.1万円)買取相場:180万円
・Aツーリングセレクション(ZVW55、CVT、4WD、新車価格:289.0万円)買取相場:197万円

プリウスを買取業者に高く買って貰う方法について

ご紹介した年式のプリウスはフルモデルチェンジしたばかりなので、経時変化による不具合の情報はあまりありません。
ただ、リコール情報についてはしっかり把握して対処しておかないと、買取価格に影響することがあります。
リコール情報は、トヨタのホームページ、販売店から届くハガキ、国交省が提示するリコール情報から知ることができます。

ご紹介した年式のプリウスの中で、これまで、駐車ブレーキやハイブリッドシステムの電圧変換器、エアバッグ制御システムのリコールが発生している可能性があります。
買取業者の査定を受ける前に、リコール情報をしっかり把握して、対象車であった場合は、適切な対応を受けてください。

まとめ

ご紹介したプリウスの買取価格は、キズや不具合がない場合ですが、2015式年と2016年式と比較しても、殆ど買取相場の下落はありません。
逆に、プリウスから他の自動車に乗り換えたいと思った人は、今が売り時だとも考えられます。
諸経費+数十万円プラスするだけで、同価格帯の他の自動車に乗り替えることができます。
リコール情報はしっかり把握して、対象車であったら、適切な対応を受けて、買取会社の査定を受けましょう。

関連記事

  1. 上手な車の買い替え方!時期やタイミングもご紹介

  2. 知らなきゃ損!中古車を購入するときに気をつけたいポイント

  3. 車を安く購入するコツとは?~中古車編~

  4. 子育て世代にピッタリ!おすすめ中古ファミリーカー

  5. 中古車買取と海外輸出の関係って?

  6. 初心者でもわかる、車メンテナンスの基本

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP